作品募集のお知らせ

トップ > 作品募集のお知らせ > 『風景写真』誌上フォトコンテスト 【審査員ご紹介】

『風景写真』誌上フォトコンテスト

ここでは、隔月刊『風景写真』誌上フォトコンテストについてご説明します。
コンテスト応募についての情報のほか、応募に必要なデータシートのダウンロード、入賞者の方のためのデータ送付もこちらから行います。

2019年1-2月号応募受付
[受付期間:2018年6月20日〜7月末日必着]

審査員ご紹介

●単写真部門

単写真部門[1-2月号、5-6月号、9-10月号]
山口高志

辰野清

TATSUNO Kiyoshi

表現を受け入れる柔軟な能力は自己を振り返る能力でもあり、コンテストはその能力を開拓する場所です。応募するからには入賞することが最大の目的ですから、選者を唸らせる手立ても工夫しなければなりません。さて、未知の自分にチャレンジする漸進的なパフォーマンスとは何でしょうか。
単写真部門[3-4 月号、7-8 月号、11-12 月号]
星野佑佳

中西敏貴

NAKANISHI Toshiki

多彩な表現が溢れる現代風景写真。時代とともに変化する風景とそれを取り巻く環境に作者がいかに柔軟に対応できるかが、今の時代を生き抜くための鍵と言えるかもしれません。風景と真摯に向き合い、表層的な技術に頼らず、まっすぐに魂を込めた作品を拝見したいと思っています。

●組写真部門

組写真部門
[1-2月号、5-6月号、9-10月号]
三村漢

MIMURA Kan

「誰に何を魅せたいか」。人に作品群を見せるとき、コンセプトなしでは伝わりません。単写真では作りにくいコンセプトも、組むことで5倍にも10倍にも膨らませることができます。代走やバントが4番に繋ぐ野球チームのような自由表現を楽しみにデザイナー視点でアドバイスできたらなぁと思います。
組写真部門
[3-4 月号、7-8 月号、11-12 月号]
三好和義

福田健太郎

FUKUDA Kentaro

観る者の“心を動かす”こと。作者はこの点を念頭に置いて、構成を考えることも大切です。無限にある組の妙。バランスのよい並びで安心を誘うか。それとも、緊迫した攻めの構成とするか。はたまた……。組写真はとても面白い世界です。皆さんのチャレンジをお待ちしています。

●テーマ部門

テーマ部門[1-2 月号]

高砂淳二

高砂淳二

TAKASAGO Jyunji

 

フォトコンテストでよく見かけるような作品を応募しても、なかなか入賞には繋がらないものです。ぜひ自分だけの風景を見つけるつもりで、風景と向き合ってみてください。冬は寒いですが、とても美しく、被写体の宝庫であるのはご存知の通りです。楽しみにお待ちしています。

テーマ部門[3-4 月号]

前川彰一

MAEKAWA Shoichi

 

花の中でも桜は特別な意味を持つ木です。毎年、心待ちにするほどの強い感動を与えてくれます。樹形の素晴らしさや人との関わりを表現する狙い方だけにとどまらず、表現方法は多種多様です。自分の個性を生かし、現代だからこそ写せる桜の作品をお待ちしています。

テーマ部門[5-6 月号]

小さな風景

萩原史郎

HAGIHARA Shiro

故・前田真三さんからかつて「足元の風景が撮れれば大きな風景も撮れる」という意味の言葉をお聞きしましたが、いまだに重く受け止めています。「小さな風景」はいわば心の風景とも言うべき愛しいもの。「足元」や「すぐそこ」の距離感で撮影した作品を心待ちにしています。

テーマ部門[7-8 月号]

里・暮らしの風景

山口高志

YAMAGUCHI Takashi

現在の日本の現況はあらゆる面で都市生活に比重がおかれています。が、本来は都市を支える里(農村・山村・漁村)の暮らしやそのバックボーンである自然そのものが健全であってこそ、それは成り立つものです。個々の撮影者の独自な視点で里の風景と暮らし向きがうかがえる作品との出合を期待します。

テーマ部門[9-10 月号]

秋・紅葉

三好和義

三好和義

MIYOSHI Kazuyoshi

今年は「秋・紅葉」部門の担当ということで、どんな場所の、どんなシーンに出合えるのか楽しみにしています。撮影ポイントが限られる桜に比べ、紅葉の場合、その人のセンスで切り口は千差万別。皆さんの鋭いセンスを感じさせてくれる、美しい写真を期待しています。

テーマ部門[11-12 月号]

大風景

星野佑佳

星野佑佳

HOSHINO Yuka

大風景……初めて耳にする言葉ですが、どんなイメージを持たれたでしょうか? 絶景に限らず、日常的な光景、広々した風景などなど、抽象的なテーマである分、解釈はさまざま。また自由自在です。皆様の「大風景」を感じる作品を、どしどしご応募下さい! いろんな大風景を楽しみにしています。